おうちクエスト

おうちの暮らしを楽しく便利に!料理・家事・節約からエンタメ情報まで幅広く紹介します!

ペット葬儀の実例を紹介。愛する犬・猫・鳥・小動物が死んでしまったら

昭和時代のペットといえば犬猫でしたが、21世紀の現代はペットの種類も多様化しています。

  • 犬、猫
  • うさぎ、チンチラ、フェレット、ハリネズミ、ハムスターといった小動物
  • オカメインコ、セキセイインコ、マメルリハなどの鳥
  • ヘビ、トカゲなどの爬虫類

深い愛情をもって育て暮らした家族としてのペットたち。いつかその命にも終わりが訪れます。大切なペットを丁寧に見送りましょう。

f:id:KazuoLv1:20190605101914j:plain

本記事では具体的にペットが亡くなった後の葬儀の実例について紹介します。

 

 

ペットの見送り方法をどうするか 埋めるか火葬か

先日、我が家の愛する手乗りインコ・マメルリハが病気のためこの世を去りました。

問題は「亡骸(なきがら)をどのように葬るか」です。一昔前の土地が余っていた時代の一軒家であれば庭に埋めることも可能だったかもしれませんが、現代社会の都会では無理です。公共の公園などで勝手に土を掘りおこし、亡骸を埋めることも推奨できません。

色々な見送り方法を検討した結果、我が家では最終的にペット専用の火葬を選択しました。

 

Googleで「ペット 葬儀」などで検索すると、多くのペット葬儀業者のWEBサイトがヒットします。具体的には【ペット葬儀110番】 などです。

24時間電話対応しているので、仕事が終わって帰宅した夜でも繋がります。気になる点があれば直接聞いてしまいましょう。丁寧に教えてくれますよ。

価格も1万円程度なので、無理なく支払いができる範囲ですね。

具体的内容を一通り読んだあとで電話し、問い合わせました。

 

他にも色々なペット葬儀のWEBサイトを見ましたが、一般的には以下のプランが多い印象です。どの業者もほとんど似たような内容でした。

  • 合同火葬
  • 個別火葬

合同火葬のケース

合同火葬ですが、 まず業者がペットを引き取りに来ます。飼い主とはこのタイミングでお別れです。後日、他所のペットたちと合同で火葬されます。飼い主の元に郵送で火葬証明書が送られてきて終了です。

個別火葬のケース

個別火葬ですが、 業者が火葬専用車で自宅に来ます。自宅近くに専用車を停車させ、車に積んだ焼却設備ですぐに火葬。火葬が終了したらお骨上げを行い、飼い主に返骨して終了です。オプションでペンダントヘッドになる遺骨ケース・カプセルキーホルダーを付けてくれる業者もあります。

 

我が家では個別火葬を選択しました。実際に電話問い合わせから返骨までの具体的な流れを紹介します。

 

ペット個別火葬の具体例

電話問い合わせ

ペットを個別火葬することは決めたのでWEBサイトで見つけた業者に電話をかけました。業者のスケジュールの都合上、早くて翌日の夜になるとのこと。我が家のスケジュール的にも問題無いのでOKを出しました。

オプションで遺骨ケース・カプセルキーホルダーを付ける依頼も出し、見積もりを口頭で確認して電話は終了しました。

火葬当日 業者到着・ペット引き渡し

業者と約束していた翌日の夜、家のインターホンが鳴りました。火葬業者の到着です。専用車に載せてある焼却設備で火葬することになります。

ペットの亡骸を連れて、業者と家族で専用車に移動します。自宅近くで10~20分程度は停車しても問題無さそうな場所で専用車が停車していました。

専用車ですが外見は普通のワンボックスカーです。何も知らなければ、ペット葬儀の車とは気が付かないでしょう。

車の後ろのドアを開け、焼却設備にペットを安置。ここで最後のお別れをします。

火葬焼却にかかる時間は10~15分程度(ペットの大きさにより異なります)。焼却中、家族は自宅に戻り待機します。

火葬後、返骨されて終了

自宅に戻り火葬完了を待っているとインターホンが鳴りました。葬儀業者です。

火葬が滞りなく完了したという報告を受け、骨壺と遺骨ケース・カプセルキーホルダーを受け取りました。最後に料金の支払い、領収書を受け取って終了です。

ペット火葬後の骨壺と遺骨ケース・カプセルキーホルダー

 

 

以上、ペット葬儀の実例を紹介。愛する小動物が死んでしまったら...という話題でした。