おうちクエスト

おうちの暮らしを楽しく便利に!料理・家事・節約からエンタメ情報まで幅広く紹介します!

日立のドラム式洗濯機で乾燥後に臭う?下水臭の原因と対策を教えます

日立のドラム式洗濯機「ビックドラムシリーズ」の優秀な乾燥機能「風アイロン」

ドラム式洗濯乾燥機の中でも日立製品のビックドラムシリーズは乾燥機能に優れており、大型家電量販店の売れ筋・人気ランキング1位・2位を争っています。

我が家でも乾燥機能を最重視して日立「BD-SX110C」を購入しました。

それまではSANYO 2011年製の縦型洗濯機を利用していました。乾燥機能はあるものの、パリパリのシワクチャになり、ほとんど使いものになりませんでした。

今回買い換えた日立のビックドラムは乾燥機能「風アイロン」が本当に優秀!下着・靴下などこまごましたものを干す・取りこむ手間が無くなり、タオル系もフワフワ・ホカホカで大満足です!静止乾燥モードで子供の上履きも簡単に乾きます。

洗濯乾燥終了後、突然の下水臭が!原因を調査

ビックドラムを使いだして1週間を経過した頃の話です。乾燥機能終了後に今まで感じたことのなかった下水集が洗濯機周辺に漂いました。

今まで問題なかったのに突然どうしたんだろう?

もう1度、洗濯乾燥機能を使ったら臭いは止まりました。それからまたしばらくは問題無く使えていたのですが、ある日また下水臭が再発生しました。

原因がわからないママは「故障っぽいから日立さんか、設置した業者さんを呼べば?下水の蓋がちゃんとしまっていないんじゃないの?」と言う意見です。

パパ的には「毎回臭うなら故障かもしれないが、臭う時と臭わない時がある。何か違いがあるはず。違いを見つけ出そう」という意見です。

メーカーさんを呼んでも100%解決するとは限らないので、まずは自分たちで調査です。パパ、ママ、二人が洗濯・乾燥を行う時にどのような行動を行っているか、注意深く観察。その結果、原因が特定できました。

 

原因は「乾燥モードで動作させる前に、水栓・蛇口を閉めている」ことでした。

 

ママは洗濯を行う時に、以下の行動をする時がありました。

  • 「洗濯モードで動作させる」
  • 「洗濯モードが完了して止まったら、次の乾燥モードに備えて中の洗濯物がぐちゃぐちゃにならないように入れなおす、しわを伸ばす」
  • 「水栓・蛇口を閉める」
  • 「乾燥モードで動作させる」

といった手順です。

水栓・蛇口を閉めないときは、下水臭はしませんでした。

 

乾燥モードでも水を使う。水道の元栓は閉めてはいけない

日立の説明書を読むと「使用しない時は、水栓(蛇口)を閉めておく」と記載があります。

ママは乾燥時には水を使わないと思っていたらしく「水栓を閉めたまま乾燥させても問題無い」と誤って認識していました。

説明書の乾燥モードのページを見ると、乾燥時にも水を使うことが記載されています。

乾燥時に水が使えないと、下水の臭いが発生する原因となってしまうのです。

 

乾燥終了時に水を使う理由。排水口に水で蓋(封水)をして臭いを止めるため

日立の乾燥機能は、排熱を排水口から外に逃がします。乾燥終了後、排水口からのにおいの逆流を防ぐため、排水トラップへ水をためる処理を行います。この時に水栓が閉まっていると、蓋をすることができずに臭いが上がってきてしまい、室内に悪臭が漂う原因となります。

乾燥途中で一時停止したまま放置するのも、排水口に蓋がされていない状態です。乾燥処理を最後まで終わらせるようにしましょう。

 

排水トラップの仕組みを理解しよう

 通常時の排水口(排水トラップ)ですが、以下の図のような仕組みで下水臭が上がってこないようになっています。通り道の途中に水を張ることで、臭いの通り道を塞いでしまう構造です。

f:id:KazuoLv1:20190726012549j:plain

※画像は「weblio辞書 排水トラップ」より引用

 

日立のビックドラムは乾燥時に発生した排熱を排水口から下水管に流して処理します。この時に臭いの蓋となっていた水はすべて吹き飛ばされ、無くなります。

排熱を送り続けている間は臭いは上がってきませんが、送風を止め、水でフタをしないままだと以下の図のようになり、臭いが上がってきます。

f:id:KazuoLv1:20190726013303g:plain

乾燥終了後に水でフタをすれば元通り。臭いは上がってこなくなります。

水で蓋ができなければ、臭いにおいが上がり続け大変なことに。水を張らない限り臭いは止まりません。

 

 

結論:「日立 ドラム式 下水臭」について

日立ビックドラム利用時に下水臭がする原因について結論です。

  • 日立ビックドラムは乾燥の排熱を排水溝から逃がす。
  • この時に、臭気の蓋をしていた水(封水)はすべて吹き飛ばされる。
  • 乾燥終了後に水を使って、排水トラップに改めて水を張り、蓋をする(封水)必要がある。
  • 乾燥終了後に下水臭がするのは、排水トラップの水の蓋ができてないことが原因である。主な原因は水栓を閉めているため水が使えず臭いの蓋ができないこと。

以上です。