おうちクエスト

節約・貯蓄を楽しく!ライフハックの総合メディア

牛乳と乳飲料、加工乳は何が違うのか?イラスト図解付きで説明します

牛乳と乳飲料、加工乳は何が違うのか?イラスト図解付きで説明します

更新日:

スーパーで毎日のように購入する牛乳。値段は200円を超えるものから100円台前半の商品まで色々ありますよね。

「同じ牛乳で何が違うんだろう?」と安い商品のパッケージを詳しく見てみると種類別名称欄に「乳飲料」の文字が。高い製品を確認すると、種類別名称欄に「牛乳」とありました。

 

牛乳と乳飲料の違い

※左:牛乳 右:乳飲料

 

疑問に思うママ子

牛乳と乳飲料で何が違うのか、牛乳乳製品について調べてみました。

 

牛乳乳製品の違いは?大きく牛乳・加工乳・乳飲料の3つに分かれる

牛乳は大きく3つの種類「牛乳」「加工乳」「乳飲料」に分かれる

 

スーパーの牛乳売り場に置いてある牛乳乳製品。これらは大きく3つの種類に分かれます。「牛乳」「加工乳」「乳飲料」です

 

どの製品も牛から搾ったままの乳である生乳(せいにゅう)をベースとしますが、生乳が使われる割合や、混ぜ合わせる内容物によって種類別名称が変わります。

更に牛乳は 「牛乳(成分無調整)」「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」の4つに分かれます

 

牛乳の特徴は?

牛乳が加工乳や乳飲料と異なる点は「生乳100%」であること。余計に加えたものは一切ありません。

ただし、生乳100%の状態から何も加えないが、水分や脂肪分を引いた商品があります。それらが「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」です。

「牛乳(無調整牛乳)」とは

生乳100%で殺菌しただけの純粋な牛乳です。水を加える、成分除去など一切しない状態です。

明治おいしい牛乳、森永のおいしい牛乳、雪印メグミルク牛乳、特選よつ葉牛乳などが該当します。

「成分調整牛乳」とは

生乳100%の状態から、水分、乳脂肪分など一部を除いて成分を調整したものです。

「低脂肪牛乳」とは

生乳100%の状態から、遠心分離などを利用して乳脂肪分を0.5~1.5%以下に調整したものです。

商品だと 明治おいしい低脂肪乳、森永のおいしい低脂肪牛乳、特選よつ葉低脂肪牛乳などが該当します。

「無脂肪牛乳」とは

生乳100%の状態から、遠心分離などを利用して乳脂肪分を0.5%未満に調整したものです。

 

加工乳の特徴は?

加工乳は生乳に乳製品を加えた商品になります。具体的には生乳に脱脂粉乳やクリームを加えることで、より濃厚感を出す、濃さを演出する、といったケースですね。

商品だと 小岩井まきば などが該当します。

ビタミンDなど乳製品以外のものを加えてしまうと「加工乳」扱いではなく「乳飲料」扱いになります。

 

乳飲料の特徴は?

乳飲料は生乳に乳製品やその他の成分を加えた商品になります。
コーヒー牛乳やいちごミルクも乳飲料です。
カルシウムや鉄分、カルシウムの吸収を促進させる効果があるビタミンDを加えた製品も乳飲料になります。

成分表に生乳の割合が50%以上か、50%以下か、必ず表記することが決められています。

 

どの牛乳乳飲料を選ぶべき?トレンドは?

スーパーの食品売り場で牛乳を購入する時は、商品名や値段だけで決めずにパッケージ横にある成分調整表も確認してくださいね。

一番ベーシックな製品は「牛乳」になります。どの製品も生乳100%で美味しさは間違いありません。

「濃厚タイプ」は加工乳と乳飲料に分かれます。加工乳の方が使っている生乳の量が多い分、価格は高めな傾向にあります。濃い味が好きな子供達の評判は良いですね。

「低脂肪牛乳」は注意が必要です。
生乳100%の低脂肪牛乳と、乳飲料の生乳率50%以下の低脂肪では味も値段も大きく異なります。購入前に成分表をチェックしてくださいね。

「カルシウム強化タイプ」は健康機能面を重視する人におすすめです。製品では 雪印 毎日骨太、グリコ乳業 カルシウムの多いミルクなどがあります。

 

スーパーで安売りされている商品は 乳飲料の低脂肪乳 が多い印象ですね。生乳を50%未満にすれば原材料費を抑えられますし「低脂肪」の言葉が健康志向派の人に響いているのだと思われます。生乳割合が少ない分、他の足した成分で薄くなりすぎないようにしていますが、生乳100%の牛乳と飲み比べると物足りなさを感じていします。

 

以上、牛乳と乳製品、加工乳は何が違うのか?イラスト図解付きで説明します...という話題でした。

 

※参考文献:一般社団法人Jミルク Japan Dairy Association (J-milk) | Jミルクは、みなさんの食生活の向上と、酪農、乳業の発展を目的とした団体です。