おうちクエスト

節約・貯蓄を楽しく!ライフハックの総合メディア

2022年 第98回 箱根駅伝予選会 結果・順位(大学別成績)

2021年10月23日(土) 箱根駅伝の出場校を決める予選会が行われました。上位10校が来年1月の本戦に出場します。

本記事は 予選会の情報をまとめたものです。

 

前回大会となる箱根駅伝2021本戦の結果・順位については別記事でまとめています。

>> 2021年 第97回箱根駅伝 往路・復路結果 区間別順位 早見表 - おうちクエスト

 

 

2022年 第98回箱根駅伝 予選会 結果 順位・成績

箱根駅伝予選会 大学別 成績・順位表

順位 大学名 タイム 出場回数
1位 明治大学 10:33:22 4年連続 63回目の出場
2位 中央大学 10:37:38 5年連続 95回目の出場
3位 日本体育大学 10:39:32 74年連続 74回目の出場
4位 山梨学院大学 10:41:15 2年連続 35回目の出場
5位 神奈川大学 10:41:57 12年連続 53回目の出場
6位 法政大学 10:42:12 7年連続 82回目の出場
7位 中央学院大学 10:43:08 2年ぶり 22回目の出場
8位 駿河台大学 10:44:47 初出場
9位 専修大学 10:44:58 2年連続 70回目の出場
10位 国士館大学 10:45:41 6年連続 50回目の出場
11位以下は予選通過ならず
11位 拓殖大学 10:46:36  
12位 大東文化大学 10:48:08  
13位 筑波大 11:48:14  
14位 上武大 11:49:29  
15位 城西大 11:49:32  

※15位以下については大会WEBサイトにて公表予定

2022年 第98回箱根駅伝 出場校(確定)

予選会が終了し箱根駅伝2022の出場校が確定!

昨年のシード校10校、予選を勝ち抜いた10校、関東学生連合の計21校で争われます。

 

(シード校)駒澤大学、創価大学、東洋大学、青山学院大学、東海大学、早稲田大学、順天堂大学、帝京大学、国学院大学、東京国際大学

(予選通過校)明治大学、中央大学、日本体育大学、山梨学院大学、神奈川大学、法政大学、中央学院大学、駿河台大学、専修大学、国士館大学

関東学生連合

 

2022年 第98回箱根駅伝 予選会について

  • 2022年度 箱根駅伝 本戦 日程: 往路2022年1月2日(日)、復路1月3日(月)
  • 2022年度 箱根駅伝 予選会 日程: 2021年10月23日(土)午前9時35分 一斉スタート
  • 予選会コース: 東京・陸上自衛隊立川駐屯地
  • 予選会出場校数: 41校

箱根駅伝2022 予選会ルール

競技距離は21.0975キロのハーフマラソン

選手登録数は各校10人~14人。予選会当日は登録メンバーから10~12人が選ばれ、競技距離を走る

各チーム毎に成績の良い10選手の合計タイムを算出し、他チームと比較。

合計タイム上位10校が箱根駅伝本戦の出場権を得る

※合計タイムが並んだ場合は各校上位10人の合計順位が少ない大学が上位となる。それでも並ぶ場合は、各校最上位選手で比較して早いタイムの大学が権利を得る。

本戦は前回大会シード権を持つ10校、予選会を勝ち抜いた10校、関東学生連合チーム、以上21校で争われる。

関東学生連合チームの選抜について

予選会の上位10校に入れなかった大学の中から、個人成績上位者が選ばれて関東学生連合チームが編成。本戦に出場する。

ただし選抜者は1校1人に限定され、外国人留学生は該当しない。

箱根駅伝2022 予選会参加校

予選会の出場校は以下の41校。学校別合計タイム上位10校が本戦に進出。

明治、中央、神奈川、日本体育、拓殖、城西、法政、国士舘、山梨学院、専修、筑波、中央学院、麗澤、上武、駿河台、大東文化、東京農業、日本、慶應義塾、亜細亜、関東学院、流通経済、平成国際、東京経済、日本薬科、明治学院、武蔵野学院、立教、桜美林、育英、芝浦工業、立正、高崎経済、東京、帝京平成、東京理科、東京大学大学院、湘南工科、一橋、東京工業、上智