おうちクエスト

アラフォーが仕事漬けの人生を反省。料理・家事・節約・子育て情報を学びなおし。体験レポート中心に有益な情報をお届けします!

節約額を可視化!己の欲望をむき出しにする裏・会計簿の勧め

現状を知るには記録から 家計簿をつけよう

みなさんは家計簿をつけていますか?

私は長年、お財布に入ったお金を適当に使う生活を送ってきました。頑張って稼いでいるのに思った以上に貯蓄が増えませんでした。

何となくの生活をやめるために記録をとらねば、ということで家計簿アプリ Zaim をインストール。厳密な収支ではなく、お財布から出ていったお金・支出だけを記録するという簡易的なやり方でとりあえずデータを溜めたところ、8月分のお酒・外食費で65,000円という結果になりました。

www.ouchiquest.com

子供が夏休みということもあり、お昼になると一緒に外食する、家族でお出かけして食事するなど、確かに普段の月よりも多く外食費がかかる状況だったのですが、それにしても普段の料理・食料品にかかるお金とは別にこれだけ使うというのは、ちょっと多いなあ...と反省せざるを得ません。

ということもあり、今月9月になってから慌てて節約生活を行っています。

www.ouchiquest.com

お酒も完全禁酒状態ではありませんが、今のところ1000円くらいで収まっていますし、外食・お酒の額は途中経過ですが7000円くらいなので順調に抑えた支出で過ごせている、という状況です。

いくら節約できているのか わからない問題

節約するために自分の欲望を抑えてきました。

お昼休みに外出し、お店やさんの前を通るために「牛丼食べたいなあ」「カレー食べたいなあ」と思うわけです。でも節約中なので我慢我慢。お家に帰って白飯にふりかけですよ。

そうやって耐え忍んでいた結果、現在の7000円くらいの外食費で収まっているのですが、本来の欲望のままに過ごしていた生活を比べるとどの程度の差額があるのだろうと疑問がわいてきます。

 

欲望のまま支払った額 - 我慢した生活の実際の支払い額 = 節約できた額

 

このような理論ですね。

節約できた額がしりたい!どのくらい頑張ったのか、数字で認識したいです!

そのためにはデータが必要だ。

「我慢した生活の実際の支払い額」こいつは現在の会計簿で記録済み。

「欲望のまま支払った額」このデータが欲しい。無いなら用意しようではありませんか

 

欲望のまま支払ったらどうなるかを記録する 裏・家計簿

裏・家計簿用に新しくスマホアプリをインストールします。

レシート入力は不要なので、手入力でサクサク入力できれば良い、という視点で探したところ、「おカネレコ」が良さそう、ということで決定です。

okane-reco.com

ということで、節約を開始した9月の頭から、欲望むき出しの家計簿の記録を続けています。

現在入力過程にある9月のデータです。

節約生活を始めるまで、お昼ご飯は外食でした。今はおうちごはんなのでお昼の外食費は0円です。

もし今まで通りに節約せず外食していたら。ランチに定食や丼ものを外で食べていたら、という額を記録しています。

他にも、お出かけした時に本屋に立ち寄り、「この本、欲しいなあ。買っちゃおう」と今までは何も考えずに購入していたけど「今は節約中だ、止めておこう」とグッとこらえた金額・節約できた額なども記録していきます。

この家計簿は抑えられた自分の欲望を金額化したものなのです。

ああ 恐ろしい恐ろしい...

 

食費はほぼランチ代。外で好き勝手食べていたらかかっていた額。

日用品の16200円。これはヨドバシカメラで衝動買いしそうになった健康器具。

交通費15720円は、プチ旅行に福島県郡山市に行こうと思ったが止めた交通費代。

医療費は、仕事終わって疲れがひどくて6000円のマッサージに行きたいけど我慢した回数が2回あった。

 

 

9月21日 4096円の内訳。ランチで天丼を食し、本屋で書籍を衝動買いし、コンビニでお菓子とドリンクを買って午後の仕事に戻る。というように何も考えずに行動してたら支払っていた額。

実際はランチタイムは気分転換に外を歩く。おにぎり・水筒持参で公園のベンチで食す。本屋に寄るが節約中なので購入見送り。なので支払額は0円。

 

このように裏・家計簿をつけています。

もしも自分を抑えること無く買い物しまくっていたら、今月すでに7万円近くの出費ですよ。実際の支出は1万円くらいなので、約6万円が現時点で抑えられているということになります。

1万円札が6枚を机の上に並べてみる。

 

うわー このお金が無くなっちゃうところだったのか...

大学生の頃、深夜のコンビニで8時間バイトして時給1100円、1日で1万円いかなったんだよなあ。あの頃の青春時代の約7日分の収入を、私は何も考えずに使っていまうところだったのか。やばいやばい。反省しなくちゃ。

 

ということで、皆様にも裏・家計簿おすすめですよ。抑えた額がわかれば、次の節約のモチベーションも上がります!是非おためしください。

 

以上、節約額を可視化!己の欲望をむき出しにする裏・会計簿の勧め...という話題でした。

ではまた (*´ω`)ノ