おうちクエスト

おうちの暮らしを楽しく便利に!料理・家事・節約からエンタメ情報まで幅広く紹介します!

人気投信「ひふみプラス」運用のレオスキャピタルワークスがIPOの延期を決定

東証株式市場が下落を続ける中、大きなニュースが入ってきました。

2018年12月25日に東証マザーズでの上場予定だったレオス・キャピタルワークス。12月20日取締役会で上場手続きの延期を決議したと発表しました。

 

以下のリンク先はレオスからの公式発表になります。

募集株式発行及び株式売出しの中止に関する取締役会決議のお知らせ | ニュースリリース | レオス・キャピタルワークス株式会社

平成30年11月19日及び平成30年12月4日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所マザーズ市場への上場に伴う募集株式発行及び株式売出しについて決議いたしましたが、当社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性について投資家保護の観点から深掘りすべき事項が発生し、平成30年12月20日開催の当社取締役会において、当該深掘りに時間を要するものと判断したことから、募集株式発行並びに株式売出しと、それに伴う上場手続きの延期を決議いたしましたので、お知らせ申し上げます。

なお、今後の上場手続きの再開時期につきましては、当該深掘り事案の結果を踏まえ、状況を慎重に見極めたうえで総合的に判断する予定です。

 

 東京証券取引所も同日に上場承認を取り消したと発表しました。直前でのIPO中止は異例の事態です。

 

レオスキャピタルワークスのIPO延期を投資家はどうみるか

レオスキャピタルワークスといえば国内でもTOPクラスの大人気投資信託「ひふみ投信」「ひふみプラス」を運営する企業です。ここ数年の運用成績も非常に優れ、株式情報を扱った雑誌などでも必ずおすすめ投信として紹介されるほどの注目度でした。

しかし今年2018年に入ってから東証株式市場は停滞気味。バブル以来の最高値を付ける場面もありましたが、2月と10月の急落、そして12月の年初来安値と特定のレンジで激しい値動き。

2018年になってひふみの運用成績も一気に悪化。

f:id:KazuoLv1:20181221085309j:plain

上の画像は「ひふみプラス」のパフォーマンスチャート(楽天証券)ですが、年初から約マイナス20%という状況になっています。10月からの急落がキツイですね...(2018年12月20日時点)

 

市場環境の悪化もあり、12月19日に超大型IPOでデビューしたソフトバンク(9434)は基準価格となる1500円を下回るスタート。その後も売られ続けて低調なスタートとなりました。

 

そのような状況もあって、今回のレオスのIPO延期です。

インターネット上では

  • レオスキャピタルワークスは時期が悪いということでIPOを延期したのでは
  • 「コーポレートガバナンスが~」というのはとってつけた理由なのでは

といった声が上がっています。

 

最近の投信成績の低調については、運用責任者である藤野さんより公式メッセージが発表されています(2018年12月18日)

ひふみ投信の基準価額変動について運用責任者からのメッセージ | ニュースリリース | レオス・キャピタルワークス株式会社

 

以上、人気投信「ひふみプラス」運用のレオスキャピタルワークスがIPOの延期を決定...という話題でした。

ではまた (*´ω`)ノ

 

他にもおすすめの記事だよ!

人気の投資信託「ひふみプラス」の下落がキツい!2018年後半・半年の動きを振り返る

さよなら「ひふみプラス」 年末に人気の投資信託を損切り決行!

ソフトバンク (9434) 上場・IPO祭り!初日の値動きは約マイナス15%!