おうちクエスト

おうちの暮らしをもっと便利に!もっと楽しく!料理・家事・節約・子育てからエンタメ情報まで幅広く紹介します!

「アリー スター誕生」極上音響上映レビュー!前半ガガ泣き・後半ブラッドリークーパー泣き【ネタバレ有り】

2018年最後の映画は前評判の高い「アリー スター誕生」で決まり!かなり前からそう決めていた私にとって待望の公開初日。さっそく映画を見てきました。

レディガガ主演、アカデミー賞最優力なんて聞いたら期待してしまうよね。

映画『アリー/ スター誕生』オフィシャルサイト

主題歌の「シャロウ」が最強にカッコイイ!頭の中でリピートしまくりです。

youtu.be

 

話の筋は映画.comの説明を引用。

歌の才能を見いだされた主人公がスターダムを駆け上がっていく姿を描き、1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでも何度か映画化されてきた物語を、新たにブラッドリー・クーパー監督&レディー・ガガ主演で描く。音楽業界でスターになることを夢見ながらも、自分に自信がなく、周囲からは容姿も否定されるアリーは、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていた。そんな彼女はある日、世界的ロックスターのジャクソンに見いだされ、等身大の自分のままでショービジネスの世界に飛び込んでいくが……。世界的歌姫のガガが映画初主演でアリー役を熱演。もともとはクリント・イーストウッドが映画化する予定で進められていた企画で、「アメリカン・スナイパー」でイーストウッドとタッグを組んだクーパーが初監督作としてメガホンをとり、ジャクソン役でガガとともに主演も果たした。

 

別記事で映画を安く見る方法についてまとめています。こちらもどうぞ

映画を安く見る方法まとめ!割引・優待サービスで賢く節約しよう

立川シネマシティ2「アリー スター誕生」極上音響上映について

今回はガガの音楽を最高の環境で楽しみたいということで、ボヘミアンラプソディーに続き、爆音上映・極上音響上映で名を馳せる東京都立川にある「立川シネマシティ2」へ。極上音響システムについてはボヘミアンラプソディーのレビューをご覧ください。

コンサートホール用の「メイヤーサウンド」、6000万円かけて導入された「ラインアレイスピーカー」など強烈なサウンドで体の芯から痺れます!

www.ouchiquest.com

今回の「アリー スター誕生」でも、オープニングのジャクソンのロックサウンドが会場全体の空気をビリビリ鳴らし鳥肌総立ち。特に低音・ベースがやばい。

主題歌「シャロウ」では感動のあまり涙が流れた。ボヘミアンの時は泣かなかったのに。シャロウはマジやばい。シャロウで何か音楽の賞をあげたい。

 

アリー スター誕生 レビュー(ネタバレ有り)

ここからネタバレありで感想を書いていきます。ネタバレが嫌な方は引き返してください。

 

タイトルが「アリー スター誕生」そしてレディガガ主演ということなので、映画はレディガガをメインとして進むと思いましたが、レディガガ演ずるアリーとブラッドリークーパー演ずるジャック、二人の物語です。ダブル主人公と言って良いでしょう。

 

場末のバーでジャックに見いだされ、音楽の才能があると励まされるアリー。しかし自分は容姿にも問題があるし、今まで何度もダメ出しされてきたと自信を失いかけている。そんな彼女がジャックのステージ上でシャロウを歌うまでの流れは本当に最高だった。

優しい声で「Tell me something girl」と歌うジャック。意を決して「Tell me something boy」と歌い返すアリー。サビの「I'm off the deep end, watch as I dive in」で一気に感情が高まって泣いてしまったよ... ミュージシャン2人が音楽で会話をしている。これがミュージシャン同士の恋なのかと。

 

このシャロウを歌うシーンが本作のピークだったと思う。

 

音楽は素晴らしいのだが、話の展開がここから駆け足。

アリーのデビュー、ブラッドの病気、2人の結婚、アリーの躍進とトントン拍子で進んでいくのだが、テンポが速くて感情移入が難しい。

アリーはプロデューサーの意向でナチュラルなアリーからバックダンサーをつけたメイクバリバリのアリーに変わってしまうし、ブラッドは結婚して幸せになったはずなのに相変わらず酒とドラッグでベロンベロンだし。ホントなんなの。2人の喧嘩のシーンもちょっとよくわからない。

アリーの音楽賞授賞式を酩酊状態でぶち壊すブラッドには本当にガッカリだし、ヤバいのはその後。アルコール中毒更生施設から退所したブラッドにアリーのマネージャが「お前の後始末はマジ大変だった。次また酒を飲むようなことがあったらアリーと別れてくれ」と社会人として小言を言うのだが、メンタル弱ったジャックがこれをきっかけに自らこの世を去ってしまうという事態に。

いやいやいやいや、ちょっと待てよ!ええー?何やってんだお前は!またみんなに迷惑かけるだろ!というか自分も今まで孤独で苦しんでたのに、アリーどうすんだよ!

かつて自殺未遂をした友人が「自殺するときは死ぬこと以外考えられなくなる」と言っていたけど、それにしてもこれは無いわー。

ジャックの兄さんがアリーに「悪いのは君でもない、俺でもない、あいつが悪い」と声をかけるけど、ほんとだよ!なんなのジャック!

ラストにジャック追悼コンサートでアリーがステージ上でジャックの遺作を披露。「A Star is born」の文字がバババーン!と出て終わり。

いやいやいやいや、ジャックしんだよ?「A Star is dead」でもあるんじゃないのコレ。

 

なんだか後味が悪いです (´・ω・`)

この映画を音楽で例えるなら、すっごく期待していたアーティストのアルバムが販売されていてドキドキしながら聞いたら2曲・3曲目が最高!でもその後どんどん尻つぼみしていきトータルで考えると「うーん、ちょっとなーなんだかなだなー」という感じ。

話の筋はともかく、レディガガの音楽を楽しみたい人は見るべき。ただしボヘミアンラプソディーほど音楽は詰め込まれていない。

 

アリー スター誕生 をおすすめしたい人

  • レディガガが好きな人
  • 音楽が好きな人

アリー スター誕生 をおすすめできない人

  • ストーリー・構成に対する評価が厳しい人
  • 人が亡くなる映画が好きではない人
  • クリスマスのカップル

 

スター誕生でで2018年の映画は締めようと思っていたけど、最後にスカッとする別の1本見るかなー。ボヘミアンラプソディーの応援上映に行こうか迷うところ。

www.ouchiquest.com

 

amazon music unlimitedで音楽が聴き放題!

amazon music unlimitedで30日間無料体験・4000万曲以上の音楽が聴き放題のキャンペーンが行われています。なんて素晴らしい!この機会に色々な曲を聴きまくってみてはいかかがでしょうか

 

以上、極上音響上映で「アリー スター誕生」鑑賞レビュー!前半ガガ泣き・後半ブラッドリークーパー泣き【ネタバレ有り】...という話題でした。

ではまた (*´ω`)ノ