おうちクエスト

おうちの暮らしを楽しく便利に!料理・家事・節約からエンタメ情報まで幅広く紹介します!

お肉を食べて痩せる!驚きのダイエット法「ミートファースト」【名医のTHE太鼓判】

f:id:KazuoLv1:20190311114635p:plain

2019年3月11日放送の「名医のTHE太鼓版」お肉を食べて肥満&悪玉コレステロール撃退!2大改善SP。ダイエットでは真っ先に禁じられるはずのお肉を食べながら痩せられる・食事制限的に辛くないダイエット法「ミートファースト」が紹介されました。

本記事では「ミートファーストダイエット」について、より深く理解するために実践方法・注意点をまとめました!情報をシェアします。

 

 

名医のTHE太鼓判!お肉を食べながら1週間で7kg痩せたミートファーストダイエットについて

名医のTHE太鼓判!|TBSテレビ」3月11日放送では「ミートファーストダイエット」に挑戦した女性がなんと1週間で7キロ痩せる様子を大公開。

お肉好きなゲストを迎えて、「お肉を食べて肥満&悪玉コレステロール撃退!2大改善SP」を送る。
お肉は太ると考えられていたのも今や昔。肉には人間の筋肉や臓器をつくるときに必要なたんぱく質が豊富に含まれており、正しい食べ方をすることで健康長寿にもなると言われている。
ではなぜ、同じ肉好きでも体型に違いが出るのだろうか?
スリム体型・中山忍と、メタボ体型・信江勇の焼肉の食べ方を検証してみると、大きな違いがあった。
さらに、ぽっちゃり体型の肉食女子が1週間のお肉ダイエットに挑戦。
食べ方を変えただけで、驚きの結果が…!?
ほか、栄養素を無駄にしない絶品ハンバーグの作り方もご紹介する。
お楽しみに!

女優 信江 勇さんが挑戦したところ、1週間で「改善前96.9kg→改善後 89.2kg マイナス7.7kg」という驚きの結果に!ウエストも122cmから115cmになりました。元から太めだったとしても、1週間(7日)でマイナス7kgって凄くないですか?しかもお肉を食べながら。1日あたり約1kg(1000g)も痩せることができるなんて驚愕です!司会の中山秀征さんも「テレビを30年やっているがこんなゴールみたことない」と驚いていました。

youtu.be

 

ミートファーストダイエット 考案者 工藤孝文先生について

お肉を食べながら痩せる「ミートファースト」とは、内科医の工藤孝文先生が考案した減量法。工藤先生は福岡県みやま市の工藤クリニックに勤務しながら数多くのダイエット本などを執筆されており、テレビを含めたメディアにも数多く出演。糖尿病・ダイエット治療・漢方治療を専門としています。

ミートファースト・ダイエット 工藤孝文先生のダイエット外来・漢方外来

ミートファーストダイエットとは

ミートファースト(meat first)の名前の通り、お肉から食事を始めるダイエット法です。

食事を食物繊維の多い野菜から先に食べる「ベジファースト」は既に有名ですね。これに対して工藤先生が提唱するのが「ミートファースト」。どちらも食後の血糖値を急上昇させることを抑えるという点で目的は同じです。

ではミートファーストはべジファーストに対して何が違うのでしょうか

工藤先生によると「べジファーストは糖質だけ出なく、たんぱく質・脂質・ミネラル・ビタミンなど健康な体を作る上で欠かせない成分の吸収も阻害してしまう」ことが近年の研究でわかってきているとのこと。

たんぱく質も食物繊維も体にとってはどちらも重要。食べる順番を肉、野菜の順に変えるだけで、両方の恩恵もうけられるようになるそうです。

ミートファーストダイエットの実践方法

ミートファーストダイエットのやり方と注意点です。とても簡単。

  1. 肉(たんぱく質)
  2. 野菜(食物繊維)
  3. 白米(炭水化物)

この順番で食べる。基本はたったこれだけです。たんぱく質が肉ではなく魚や豆腐の場合でも、最初にたんぱく質、最後に炭水化物の順番は変わりません。

名称こそ「ミートファースト」ですが、大切なことは「たんぱく質(プロテイン)ファースト」ということですね。そしてこの順番で食べることが大切なのであり、肉だけを食べることを推奨しているわけではありません

また、炭水化物を最後に食べることを「カーボラスト」と呼びます。

※肉は太る!ダイエットの大敵!という固定観念を捨ててもらうために「プロテインファースト」ではなく「ミートファースト」という名前にしたとのこと。

肉・野菜・白米の注意点について

毎食お肉にこだわる必要はありません。魚・卵・豆などからもたんぱく質をとるようにしましょう。

野菜も毎食適量をとりましょう。ミートファーストだからといって肉ばかりの食事になってはいけません。腸内環境を整える、代謝のためにもビタミン・ミネラルは欠かせません。

炭水化物となる白米・パン・麺類など主食の量は少なめにしましょう。白米より玄米がおすすめ。

繰り返しになりますが「たんぱく質→食物繊維→炭水化物」の順番をまもり、バランスよく食べることが大切です。

ミートファーストの効果を更に高めるために

お肉は消化・吸収に時間がかかります。そのためお肉を朝に食べることがおすすめ。

夜は魚や豆腐・鳥のささみなど消化のよい食材を選びましょう。夜に肉を食べる場合、寝る3時間前までには食べ終わる、いつもより良くかんで食べることを意識しましょう。夕食で胃の負担が減ることにより質の良い睡眠が確保できます。

一日に取るべきたんぱく質の量は「体重1kgあたり0.8~1.0g」です。体重60kgの人であれば48~60gということになります。

ミートファーストで得られるメリット

食後の血糖値が安定する

ミートファースト(たんぱく質を最初に)、カーボラスト(炭水化物を最後に)の順で食べることで血糖値の上昇がゆるやかになることが科学的なエビデンスとして明らかになっています。

食後血糖値の乱高下が無くなるだけでも体の機能が正常化します。これにより食事量が徐々に減る、食事量が食べすぎから正常化するといったことが改善され、やせやすい体になります。

満足感・満腹感が得られながらダイエットできる

昔ながらのダイエットといえば、食事制限がキツイ、辛いというイメージが強いものでした。ミートファーストはお肉(たんぱく質)を摂取します。

たんぱく質には満足感を与え、食欲を抑える効果があります。そして食事の満足感も得られるので、無理なダイエットと違って食事を我慢する辛さがありません。

かむ回数が増えることによる効果3つ

肉を食べる時に良く噛むことで、以下の効果が期待できます。

  • 満腹中枢を刺激
  • 内臓脂肪を燃焼
  • ストレス食いを予防

食事の最初にお肉を良く噛んで食べることで様々な効果があるのです。

鉄分不足の解消

肉などの動物性たんぱく質には体への吸収が良い鉄分「ヘム鉄」が含まれます。肉を食べることで女性のほとんどが陥っている鉄分不足解消にも繋がります。

 

ミートファーストダイエットまとめ 

テレビでは短期間で痩せた!という点に注目が集まりがちですが、ミートファーストダイエットで重要なことは、制限がきつくない方法で食べる順番を守りバランスよく食事をとることを継続すること。たんぱく質は肉にこだわらず魚・卵・豆などでもよい。

継続によって食後血糖値の乱高下がなくなり体の機能が正常化する・痩せやすい体になる。

この点を念頭において取り組むようにしましょう。

 

Amazonのkindleにて、工藤先生によるミートファーストに関する電子書籍が販売されています。100部限定ですのでお急ぎください。

 

以上、お肉を食べて痩せる!驚きのダイエット法「ミートファースト」【名医のTHE太鼓判】...という話題でした。

ではまた (*´ω`)ノ