おうちクエスト

おうちの暮らしを楽しく便利に!料理・家事・節約からエンタメ情報まで幅広く紹介します!

【この差って何ですか?】今が旬のひじき・ワカメ・もずく 海藻の健康効果について。組み合わると効果が高い食材、簡単レシピも紹介

2019年4月16日放送の「この差って何ですか?」特集コーナーで健康効果が期待されるワカメ・ひじき・もずくの海藻について紹介されました。

番組の情報を感想とともにまとめました。

 

youtu.be

 

 

 

ワカメ・ひじき・もずくは3月から5月が旬

お買い物でスーパーに行けば常に売り場にあるイメージの海藻。日本では様々な海藻が食卓に並びます。ワカメ、もずく、コンブ、海ぶどう、メカブ、ひじき、タサカノリ、アオサなど、たくさんの種類がありますね。

その中でもワカメ・ひじき・もずくは3月から5月が旬とのこと。本来の収穫時季にとれた海藻はおいしさも際立ちますし、栄養価も高くなります。今回の放送では旬の食材「ひじき」「ワカメ」「もずく」について紹介されました。

 

「ひじき」が骨粗しょう症の予防に役立つ

ひじきにはカルシウムが豊富に含まれており、カルシウムの量はなんと牛乳の約10倍

骨粗しょう症の予防のためにもカルシウムを含むひじきはおすすめの食材です。

ひじきと組み合わせたい!おすすめ食材「豆腐」

更にひじきと組み合わせることで、骨粗しょう症の予防効果を高めてくれる食材があります。それは「豆腐」「油揚げ」です。

「豆腐」「油揚げ」にはマグネシウムが多く含まれています。マグネシウムにはカルシウムを骨に吸着させやすくする働きがあるのです。

 

骨粗しょう症予防に役立つ「ひじきと油揚げの作り置き」レシピ

料理研究家・浜田陽子さんによる、ひじきの簡単作り置き料理が紹介されました。それは「ひじきと油揚げの作り置き」です。

ひじきと油揚げの作り置き

材料

  • 乾燥ひじき20gを水で戻したもの
  • 油揚げ4枚(油抜き済み)
  • 青じそドレッシング

調理工程

  • 油揚げを1cm角に刻む
  • フライパンに油を引かず、油揚げ、ひじき、青じそドレッシングを入れて中火で炒める
  • パラっとしたら完成

750mlの保存容器いっぱいの量が簡単にできあがり。冷蔵庫で4日程度もちます。

 

骨粗しょう症予防に役立つ「ひじきと油揚げのピザトースト」レシピ

また、ひじきと油揚げの作り置きを利用したピザトーストも紹介されていました。

ひじきと油揚げのピザトースト

材料

  • ひじきと油揚げの作り置き
  • 食パン
  • マヨネーズ
  • チーズ

調理工程

  • 食パンにマヨネーズを塗る
  • 食パンにひじきと油揚げの作り置きとチーズを乗せて焼く

 とても簡単ですね!スタジオからは「チーズと合う!」と絶賛されていました。

 

「ワカメ」が高血圧予防に役立つ

ワカメには高血圧を予防する食材です。高血圧の原因は「塩分」にあります。ワカメにはカリウムとアルギン酸が多く含まれていますが、これらは余分な塩分を体外に排出してくれる機能があります。

  • アルギン酸(食物繊維の一種)→塩分を排出
  • カリウム → 塩分の再吸収を防ぐ

そのため、お味噌汁にワカメを入れるのはとても理にかなっているとのこと。

また、3月から5月の旬の生ワカメは乾燥ワカメと比較してカリウム量が約20倍も多く含まれています。旬でここまで栄養価が高くなるとは驚きですね。

ワカメと組み合わせたい!おすすめ食材「ショウガ」

更にワカメと組み合わせることで、高血圧の予防効果を高めてくれる食材があります。それは「ショウガ」です。

 ショウガには「ジンゲロール」が含まれています。ジンゲロールには血管を広げる働きがあります。血管が広がることで血圧が下がる、つまり高血圧を予防できるのです。

 

高血圧予防に役立つ「ワカメのショウガ焼き」レシピ

料理研究家・浜田陽子さんによるワカメの簡単料理が紹介されました。それは「ワカメのショウガ焼き」です。

ワカメのショウガ焼き

材料

  • ごま油
  • 千切りにしたショウガ
  • 戻したワカメ
  • 醤油・みりん・砂糖・酒(豚肉の生姜焼き同様)

調理工程

  • フライパンにごま油を入れて
  • 千切りショウガを炒めたら
  • ワカメを投入
  • 醤油・みりん・砂糖・酒を混ぜ入れて完成

豚肉のショウガ焼きと同じ流れですね。

スタジオからは「美味しい!この料理ならたくさんワカメを食べることができますね!」と高評価でした。

 

 

 

「もずく」が胃がん予防に効果的

もずくは胃癌予防に役立つ食材です。胃がんの原因となるピロリ菌ですが、もずくに含まれる「フコイダン」にはピロリ菌を減らす効果があるのです。

もずくの産地である沖縄県は、胃がんになりにくい都道府県第1位とのこと。

もずくを更に胃がん予防に役立てるには「加熱処理」

もずくを加熱調理することで、胃癌に対する更なる効果が見込まれます。

理由ですが、加熱することで「もずく」の細胞壁が壊れ、フコイダンなどの栄養成分が外に出やすくなります。これにより栄養成分をより多く得られるようになるのです。

胃がん予防に役立つ「もずく酢のサンラータン」レシピ

料理研究家・浜田陽子さんによるもずくの簡単料理が紹介されました。それは「もずく酢のサンラータン」です。スーパーで売っている「もずく酢」をそのまま使ってOKです。

もずく酢のサンラータン

調理過程

  • 鍋にごま油を敷く
  • 豚肉、野菜類を炒める
  • 水・もずく酢・鶏ガラスープの素を投入
  • 水溶き片栗粉でとろみをつけて溶き卵を投入
  • ラー油で好みの辛さに味付け

普段は もずく酢を好んで食べないと言っていた土田晃之さんも「これならいくらでも食べられる。美味しい」と絶賛していました。

 

他にはもずくの加熱料理として、もずくの天ぷら、ひき肉などと一緒に炒めるもずく丼なども良さそうですね。

 

以上、【この差って何ですか?】今が旬のワカメ・ひじき・もずく 海藻の健康効果について。組み合わると効果が高い食材、簡単レシピも紹介...という話題でした。

ではまた (*´ω`)ノ