おうちクエスト

アラフォーが仕事漬けの人生を反省。料理・家事・節約・子育て情報を学びなおし。体験レポート中心に有益な情報をお届けします!

料理の初心者として目指すゴールはどこなのか

どうして僕は料理が上手になりたいんだろう

子供時代に夢中になったRPG「ドラゴンクエスト」。レベル1の勇者が目指すゴールはとてもシンプルで、この世界を滅ぼそうとしている竜王を倒すことだった。アレフガルドの城を出ると海の向こうに竜王の城が見えて、いつかあの場所に行くのだとモチベーションが上がったものだ。

そして2018年。料理が上手になりたくて、その過程を記録しようと立ち上げたこのブログ「おうちクエスト」。今は間違いなく料理レベル1だけど、最終的に目指すゴールはどこなんだろう。レベルを上げるだけならMax99までプレイするという手もある。でもレベル上げることがゴールなの?と問われればそれは違う気がする。

何のために料理が上手くなりたいのか?別に料理できなくたって生きていくことはできるよ。竜王の城のように目指すゴールを決めたい。

 

 

KJ法とブレーンストーンミング

正確なKJ法ではないけれど、まずは自分の頭の中にある言葉をブレーンストーミングっぽく書きだしてみる。そして粗いレベルでいいのでまとめてみた。

主題は「料理が上手になりたい。何のため?なぜ?ゴールは?」と特に難しく考えずにシンプルにした。仕事じゃないのでサクッといこう。その結果、大まかにまとめると以下のような結果になった。

  • 趣味としての料理
  • かっこよくなりたい
  • 家庭の料理の種類が増える
  • 健康のために必要
  • 妻の負担を減らしたい
  • 料理の知識を獲得したい。知らないことを知りたい

掘り下げてみていこう

趣味としての料理

特に難しいことはなく、大人になってからの趣味として料理をたしなみたい、ということ。今現在の趣味として、自転車(ロードバイク)や街歩きがあるけれど、家族と一緒に楽しめる趣味・喜ばれる趣味かといわれると難しい。体力の違いや好みの問題があるから仕方がないよね。「休みになるとパパひとりでどこか行っちゃう」なんて言われることもある。

料理が趣味になれば、作ったものを家族に味わってもらえる。子供と一緒にお菓子を作る、妻と一緒に食事を作る、なんてことが可能になる。一緒に幸せな時間を共有できるのだから良いことだね。

かっこよくなりたい

書き出して気がついたが、僕は料理ができる男性のことをかっこいいと感じているらしい。そして自分もかっこよくなりたいと思っている。子供たちからも「うちのパパは料理が上手」と思われたい下心がある。

そういえば僕自身は自分の父親が料理を作っているところをほとんど見た記憶がない。母親が病気の時に父親が焼きそばを作ってくれて驚いた場面は覚えている。「父さんだって母さんと結婚する前は自分で料理してたんたぞ」と言っていたが、自分の父親が料理できる・できないが子供に与える影響ってどんなものなのだろうか。

家庭の料理の種類が増える

母親だけでなく父親も料理ができたら、料理する人の数は倍。お互いの味付けのクセのようなものも考慮すると、家庭単位で考えるとかなりの料理の種類が増えることになる。

ちなみに、うちの奥さんは丸の魚が捌けない。血が出たり内臓を取ったりがどうしてもダメらしい。食材としての魚ではなく、生き物としての魚として見えてしまうとのこと。なのでサンマなども頭や内臓がついたままの丸焼き。パックのお刺身を買うレベル。凝った魚料理はでてこない。

このようなパートナーの苦手分野を自分が担当できるようになれば、子供達が食べるお魚料理のレパートリーも増える。

お酒のつまみも冷蔵庫のありものを使って自分でサクサク作れるようになれば安上がりですね。

健康のために必要

40歳を超えた自分にとって結構深刻な問題でして。健康診断でついに「生活習慣病」だと言われてしまったんですよね。血液メタボ。中性脂肪が高いと。食事やお酒、運動に気を配りなさい、ということです。

でもね、「何をどう食べたら健康に良いか」って知識が全然無いのです。小学生の時に「肉になる食べ物」「血になる食べ物」「エネルギーになる食べ物」とか、給食の献立表に書いてあったなーって位のレベルですよ。健康で長生きするためにも食材・栄養・体の関係を理解することが必要なんです。

妻の負担を減らしたい

共働きなんですけど、本当に良くやってくれています。感謝しかありません。正直って、「疲れたわー これから飯の支度なんてしたくないわー」って日々、たくさんあったと思いますよ。残りの人生、今さらですけどサポートしたいです。

日進月歩で調理器具も進化していますから、常にインターネット使って情報集めてる僕がこの辺りもリードできたらいいですね。

奥の深い料理の知識。知らないことだらけ。シンプルに知りたい

仕事がエンジニア、というかプログラマーなんですけど。興味がないことはどうでもいいのですが、興味があることに対しては、何で動いているのか・どういう仕組みなのか。といったことがわからないととても気持ちが悪いんですよね。

料理に興味を持った今、色々なことがすごく気持ちが悪いです。自分で調べて、過程や結果をこのブログに記録していきます。

さっそく調べようと思って、図書館に行ったんですね。そうしたら料理カテゴリーに山ほど料理本があるじゃないですか!なんでこんなに?と思う量ですよ。レシピ本だらけですよ。そんなにレシピ見ないと料理ってできないものなのでしょうか。何度か作って基本おぼえたら、後は自分で応用きかせて臨機応変に作るものだと思ってました。

 

最終的なゴール「レシピ本がなくても自分の知識と経験で何でも作れる」

色々と書きだし、まとめていくうえで最終的なゴールが決まりました。

レシピ本がなくても自分の知識と経験で何でも作れるようになること。それは家族の幸せのため。

今後は最終ゴールにたどり着くまでに、小さなゴールをたくさん設けて、レベルを1つずつ上げていこう。

まずはスライムたくさん倒すレベルのチマチマしたことから始めます!

 

ではまた (*´ω`)ノ