おうちクエスト

おうちの暮らしを楽しく便利に!料理・家事・節約からエンタメ情報まで幅広く紹介します!

フィギュアスケート グランプリファイナル2018紀平梨花が優勝!グランプリシリーズのルールを理解して10倍楽しもう!

f:id:KazuoLv1:20181209121036j:plain

フィギュアスケートの国際大会 グランプリシリーズ2018!グランプリファイナルで日本の紀平梨花選手が優勝しました!おめでとうございます!

ショートプログラムに続いてフリーでも1位での優勝。デビュー年での世界制覇は浅田真央さん以来13年ぶりの快挙。すごい選手が出てきましたね。

紀平選手の演技単体をテレビや動画で繰り返し見る方は多いと思いますが、グランプリシリーズがどういうものか、どういうルールでファイナルに出場するのかを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

大会ルールがわかると何倍も楽しめるようになりますよ!

本記事ではフィギュアスケートのグランプリシリーズについて解説します。

 

 

 

フィギュアスケート グランプリシリーズとは

2018年のグランプリシリーズを元に解説します。

グランプリシリーズは国際大会の3大大会の1つ

「グランプリシリーズ」は「オリンピック」「世界選手権」と並ぶフィギュアスケート世界3大大会の1つです。世界的にも注目度が高い大会になります。

  • オリンピック...4年に1度
  • 世界選手権...1年に1度
  • グランプリシリーズ...1年に1度

ちなみに2019年の世界選手権は2019/3/20(水)~24(日)さいたまスーパーアリーナで行われます。

ISU 世界フィギュアスケート選手権大会 2019

 

グランプリシリーズは全7大会で構成

f:id:KazuoLv1:20181209123339j:plain

アメリカ、カナダ、フィンランド、日本(NHK杯)フランス、ロシアで開催される6大会を転戦し、その結果の総合成績上位6名がグランプリファイナルに出場。グランプリファイナルの優勝者がグランプリシリーズの総合優勝・世界一となります。

開催時期は毎年10月~12月。

年齢はシニア(15歳以上)が参加可能。

開催種目は 男女シングル・ペア・アイスダンス。

 

グランプリシリーズの出場資格

参加者は「シード選手」「招待選手」の大きく2つに分かれます。細かな規定がありますが、逆にわかりにくくなるので概要をピックアップします。

グランプリシリーズ シード選手について

  • 全年度の世界選手権で1位から6位の選手が出場。6大会のうち2回出場できる。どの大会にでるかはくじ引き。

グランプリシリーズ 招待選手について

  • 前年度の世界選手権で7位から12位の選手が出場。6大会のうち2回出場できる。該当選手から引退者が出た場合は、13位以下から繰り上げ。
  • 世界ランキングで上位24位の選手は1回出場できる。
  • 世界ジュニア選手権目立理と、ISUジュニアグランプリファイナルのメダリストで今大会から参加する場合は1回出場できる。
  • 大会開催国の選手は最大で3名参加可能。3名は上記説明内容に該当する選手から選ばれる。

グランプリファイナルに進出するための総合成績となる獲得ポイント

各大会での順位によって獲得ポイントが得られます

1位 ... 15ポイント
2位 ... 13ポイント
3位 ... 11ポイント
4位 ... 9ポイント
5位 ... 7ポイント
6位 ... 5ポイント
7位 ... 4ポイント
8位 ... 3ポイント
9位 ... 0ポイント

6大会を終えて、合計ポイントの上位6名がグランプリファイナルに進出しますが、同着などの場合も含めて以下のルールとなります。

  • 3大会に参加した場合、上位2つ合計が最終ポイントとなる
  • 合計ポイントで並ぶ場合、最高順位の高い選手が選ばれる。更に最高順位が並んぶ場合、スコアの合計得点で選ばれる。

グランプリシリーズ2018 各大会の女子上位3名

第1戦 アメリカ大会 日本時間 10/20(土)〜22(月)

  1. 宮原 知子(JPN) 219.71
  2. 坂本 花織(JPN) 213.90
  3. ソフィア・サモドゥロワ(RUS) 198.70

第2戦 カナダ大会 日本時間 10/27(土)〜28(日)

  1. エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)  203.32
  2. 山下 真瑚 203.06
  3. エフゲニア・メドベージェワ(RUS)  197.91

第3戦 フィンランド大会 日本時間 11/3(土)〜4(日)

  1. アリーナ・ザギトワ(RUS) 215.29
  2. スタニスラワ・コンスタンティノワ(RUS) 197.57
  3. 坂本 花織(JPN) 197.42

第4戦 日本大会 (NHK杯) 11/9(金)〜11(日)

  1. 紀平 梨花(JPN) 224.31
  2. 宮原 知子(JPN) 219.47
  3. エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS) 219.02

第5戦 ロシア大会 日本時間 11/16(金)〜18(日)

  1. アリーナ・ザギトワ(RUS) 222.95
  2. ソフィア・サモドゥロワ(RUS) 198.01
  3. イム・ウンス(KOR)  185.67

第6戦 フランス大会 日本時間 11/23(金)〜25(日)

  1. 紀平 梨花(JPN) 205.92
  2. 三原 舞依(JPN) 202.81
  3. ブレイディー・テネル(USA) 197.78 

2018年グランプリファイナルの出場者と6退会を終えての女子の総合ポイント

6位のサモドゥロワ選手までが出場決定。7位の三原選手以降は補欠となります。
上位選手を見ると日本対ロシアという構図ですね...

順位 名前(国) USA CAN FIN JPN RUS FRA 合計
1 アリーナ・ザギトワ(RUS)     15   15   30
2 紀平 梨花(JPN)       15   15 30
3 宮原 知子(JPN) 15     13     28
4 エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)   15   11     26
5 坂本 花織(JPN) 13   11       24
6 ソフィア・サモドゥロワ(RUS) 11       13   24
7 三原 舞依(JPN)       9   13 22
8 スタニスラワ・コンスタンティノワ(RUS)     13     7 20
9 エフゲニア・メドベージェワ(RUS)   11       9 20

※9位以下は省略

2018グランプリファイナル 紀平梨花選手SP 世界最高得点の動画

youtu.be

 

以上、フィギュアスケートGP2018紀平梨花が優勝!グランプリシリーズのルール・流れを理解して10倍楽しもう!...という話題でした。

ではまた (*´ω`)ノ

 

他にもおすすめの記事だよ!

フィギュアスケート選手「紀平梨花」 2018年参加大会 SP・FS動画まとめ - おうちクエスト