おうちクエスト

節約・貯蓄を楽しく!ライフハックの総合メディア

ふるさと納税の始め方・仕組みをわかりやすく解説!期限はいつからいつまで?寄付金額はどれくらい・いくらまで?

「ふるさと納税を行うと商品がもらえて普通に税金払うよりもお得になります」

疑問に思うママ子

このようなことを聞くけどホントなの?税金のことは専門的な解説をされても複雑すぎて良くわからないし。理解していないまま寄付したら失敗しそうで怖いです...

ガッツポーズするパパ夫

ふるさと納税は決して難しくありません。ざっくり概要を理解して安心してお得に商品をゲットしましょう!

本記事では「ふるさと納税の始め方ガイド」です。ふるさと納税の仕組みを図入りでわかりやすく解説するとともに、良くある質問にも答えていきます。

 

 

ふるさと納税とは?仕組みを図解でわかりやすく解説

ふるさと納税については様々なサイトで「ふるさと納税の理念 」「ふるさと納税の仕組み」が詳しく解説されています。ですが、詳しすぎて読み疲れてしまうんですよね...

>> 総務省|ふるさと納税ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税

ぶっちゃけると、もっと大ざっぱで良いので概要が知りたいですよね。

 

ふるさとの納税の概要を一言で超ざっくり解説!

ふるさと納税は税金が絡むので分りにくいと思われがちですが、一言で説明できます。

ふるさと納税とは「2000円の手数料で自治体提供の特産品を入手できるお得な制度」です。

専門家ではない一般の私たちはこれだけ抑えておけばOKです。難しく考えなくて良いですよ。

 

そうはいってもなぜ2000円の手数料で自治体提供の特産品(返礼品)が入手できるのか、もう少し知りたい、という人もいますよね。ちょっと踏み込んで話をします。

 

ふるさと納税を行わないケースについて解説

まずはふるさと納税を行わない、普通の人のケースについて話をします。

モデルケースとして年収500万円のサラリーマン、扶養の妻と子供が1人いるも出るケースです。

 

ふるさと納税をやらないケース

住民税は前年の収入によって決定されます。

今年の年収が500万円の場合、来年の住民税は318万円の予定です。

※参考資料 年収500万円の住民税はいくら?全国1742都市の住民税額を試算!

ふるさと納税をしない場合、ただ単に住民税が徴収されて終わりです。

 

ふるさと納税を行うケースについて解説

つづいてふるさと納税を行うとどうなるか説明します。

ふるさと納税を行うケース

今年の年収が500万円の場合、来年の住民税は318万円の予定です。

今年の12月末までに、ふるさと納税を利用して様々な自治体に4万円分寄付して商品を貰いました。

翌年の確定申告で税務署にふるさと納税で寄付したことを申告します。

すると、本来払うはずだった住民税318万から、ふるさと納税寄付した4万円から手数料となる2千円を引いた3万8千円が控除され、最終的に払うべき住民税が314万2千円になります。

ふるさと納税を行う・行わないで何が変わったのか

ふるさと納税を行う・行わないで何が変わったのか

 ふるさと納税を行う前と後で何かわかったのか、どのような作業が必要なのか再確認します。

  • あなたが地方自治体にふるさと納税の寄付(特産品の指定)をします。
  • 自治体から特産品と証明書が届きます
  • 翌年2月~3月に確定申告を行い、ふるさと納税したことを税務署に伝えます
  • 確定申告した分、翌年の住民税から控除されます。

 

ここで重要なのは、トータルで払う金額はふるさと納税を行った方が2000円分だけ多くなります。翌年の住民税から引かれると言っても、前年度に自治体に寄付を行っているわけですからふるさと納税は実質的には翌年分の住民税を先払いしていることと同義です。

ただし2000円を払うことで様々な自治体から特産品が手に入ります。2000円をケチってふるさと納税しなくても、結局住民税はガッツリ徴収されますよ。

 

ふるさと納税でもらえる特産品(返礼品)ですが、総務省から還元率3割以内に収めるように自治体へ通知がでています。 

4万円のふるさと納税を行うなら、4万円の3割にあたる1万2千円相当の商品が手に入ると考えて良いでしょう。

※ただし、総務省からの「通知」には法的な権力が無いので、3割以上の商品も探せばたくさんありますよ。

 

ふるさと納税には上限金額がある

ふるさと納税を行うことができる額は収入によって変わります。上限金額があるので要注意です。

ガッツポーズするパパ夫

上限金額を超えるとどうなるかというと、越えた分が手数料2000円に上乗せされて増えていくと考えれば良いです。上限を超えない範囲で寄付しましょう。

ふるさと納税の上限金額の計算方法については後述します。

 

ふるさと納税の確定申告は難しくない

ふるさと納税の証明書の実例 封筒で届きます

収入が給料のみのサラリーマンの場合「年末調整したのに確定申告までやるの?面倒だなあ、そもそも確定申告なんてやったことないから良くわからないよ」と考える人もいますよね。

確定申告は難しくないですよ。

  • 確定申告をした時に自治体から送られてくる証明書
  • 会社から発行される源泉徴収票
  • 印鑑
  • マイナンバーカード

これらを持って税務署に行けばOKです。あとは税務署の係員さんが丁寧に教えてくれますし、複雑な記入も無いですよ。

 

ふるさと納税の寄付金額はどれくらい?いくらまで?

ふるさと納税で寄付できる上限金額は個人の収入によって異なります。

色々なWEBサイトで寄付金額の上限が計算できるシミュレーションを行うことができますが、私のお勧めは楽天ふるさと納税です。

「年収」「家族構成」「扶養家族」の3つを入力するだけなので簡単です。

 

>> 楽天ふるさと納税 上限額 簡単シミュレーター

ふるさと納税の上限額を関単に計算できる楽天ふるさと納税のシミュレーター

 

たったのこれだけ。年収700万円、共働き、子供2人を扶養のパパの場合、10万1400円が目安になります。上限を超えないように10万円を寄付すると良いですね。

10万円分ふるさと納税に寄付したら、色々な商品が手に入りますよ!

 

ふるさと納税の期限はいつからいつまで?

ふるさと納税の期限、期間としての区切りは1月~12月になります。1年ごとにまとめます。

例えば、2019年の1月から12月の間に寄付したふるさと納税額は、2020年に確定申告を行い(2月・3月の指定期間)、その結果が2020年の住民税に反映される、という流れです。

 

ふるさと納税の始め方。返礼品を実際に見てみよう

ここまでザックリとふるさと納税の概要を説明しました。

後は実際に始めるだけです。最初の一歩は返礼品選び。

ここから先は実際に人気商品を探してみるのが良いでしょう。楽天ふるさと納税のランキングページが参考になりますよ。

OKサインを出すママ子

私のおすすめは楽天ふるさと納税サイトです。なんと寄付額に楽天ポイントがつくんです!払う金額も万単位なのでビックリするほどポイントがザクザク溜まります

 

>> 楽天ふるさと納税ランキング

楽天ふるさと納税のランキング

 

それでは素敵なふるさと納税ライフをお楽しみください!

 

以上、ふるさと納税の始め方・仕組みをわかりやすく解説!期限はいつからいつまで?寄付金額はどれくらい・いくらまで?...という話題でした。

 

他にもおすすめの記事だよ!

【2019年】ふるさと納税のおすすめ返礼品 よかった物・いまいちだった物まとめ