おうちクエスト

おうちの暮らしを楽しく便利に!料理・家事・節約からエンタメ情報まで幅広く紹介します!

2018年の株式投資振り返りと2019年の展望を予想してみた

皆様、2018年の株式資産運用はいかがでしたでしょうか。

個人的にはとても難しく、資産を大きく減らしてしまいました。投資資産が年初からマイナス15%という結果です。調子の良い時もあったのですが、年に数回発生した急落タイミングで大きくやられたのが原因ですね。落ちるナイフも何度か掴んでしまいました。住宅ローンの繰り上げ返済に使えば良かったと思っても後の祭りです。

 

個別株取引だけでなく投信も購入していましたが、同様に大ダメージです。年末に全て解約しました。ひふみプラスなんて年初からマイナス20%ですよ。キツい下げです。プロが運用してこの結果ですからね。

人気の投資信託「ひふみプラス」の下落がキツい!2018年後半・半年の動きを振り返る - おうちクエスト

1年間投資して実感したNISAのデメリット!利益が出なければ意味がない - おうちクエスト

 

私の投資スタンスですが、信用取引は行いません。チャート・テクニカルを中心に見て、数日から数週間のスイングトレード派です。日中は株価チェック可能な環境ですが、仕事の状況によっては売買が難しい日もあります。

 

日経平均株価 今年1年の日足チャート

2018年のスタートは昨年の急上昇を引き継いで高く始まり24000円に。浮かれていたところに2月からの急落。急な上げ下げを繰り返し、3月末に下落に歯止めがかかる。4月・5月で上昇するが23000で止まり、9月まではボックス的な動き。9月に急上昇して10月頭にバブル以来の最高値更新。高値ブレイクして上昇するかと思いきや、ここから急落。11月に急な上げ下げを繰り返したあと、12月に更に1段下げて終了。

 

細かく損切してるとガンガン資産が減る動きですね。

上昇の動きが見えたら購入・ある程度利益が乗ったら利確しないと稼げない。大きく取ろうと思うとまた戻ってきてしまう。利益を積み上げるのも難しい動き。

 

ざっくりとした結果を見ると以下。

始値 23000円、終値 20000円、高値 24000円、安値 19000円。

f:id:KazuoLv1:20181231131544g:plain

 

日経平均株価 5年チャート

少し長い目線で見てみましょう。日経平均株価の5年チャートです。

2016年後半から始まった上昇トレンドですが、2018年の10月の急落によってチャートが移動平均線を下回って終了しました。

f:id:KazuoLv1:20181231131600g:plain

5年チャートに線を付けてみました。

上昇トレンドは2回発生。

2014年中旬(15000円)から2015年中旬(21000円)で、1年かけて上昇トレンド。

2016年下旬(17000円)から2018年1月(24000円)で、1年と少し上昇トレンド。

下降トレンドは1回発生。

2015年中旬(21000円)から2016年下旬(15000円)で、1年と少し下降トレンド。

f:id:KazuoLv1:20181231131618j:plain

2015年後半の下落開始の動きと、2018年の動き、似てませんか?青線で○を付けた部分です。高値の後の急落から復調して前回高値付近で息切れして急落。その後に移動平均を下回るという動き。

もしも歴史が繰り返すというのであれば、2019年は2016年のような動きになるのかもしれませんね。

チャートを加工してみました。

2019年の展望(2016年と同じ動きと仮定)

半年の間は急落と急な戻しを繰り返しながらも下落基調、ボックス。後半に移動平均線のゴールデンクロスから復調。こんなところでしょうか。

f:id:KazuoLv1:20181231131634g:plain

 

急な上げ下げを繰り返されると、個人投資家は資産だけでなく、メンタルにも影響がでるので辛いところです。「長期で見れば上がる!今は買い時!」といっても、実際に下がっているときに購入するのは勇気がいるものですし、資産が減っている状況はとても辛いものです。

メンタルが強くない人は相場全体の雰囲気が良くなって少しずつ上昇トレンドが見えて来た時に改めて参戦すると良さそうですね。株式市場と毎日にらめっこする必要はありません。

 

以上、2018年の株式市場振り返りと2019年の展望を予想してみた...という話題でした。

ではまた (*´ω`)ノ